インドネシア初のボトルーボトルリサイクル洗浄ライン

本プロジェクトはフランスを大手環境保護グループがインドネシアで建設したPETボトルーボトル工場です。当顧客は世界的の資源管理最適化領域のトップ企業で、五つの大陸に廃棄物、水及びエネルギ産業を行っています。本プロジェクトの設備提供から工場全体設計、据付及び設備調整の指導、エンジニアリングサービスまで全部BORETECHが担当していました。本食品級PETボトルリサイクル洗浄ラインの投入量は4.5トン/時間で、生産能力は3.2トン/時間です。本生産ラインの後部工程はEREMABuhlerの設備を選択し、最終的に食品級PETシートを産出しています。本工場の最終産品はダノングループに供給され、ボトルブローの原料として使われます。

本プロジェクトは201810月に建設を起動し、20202月から正式生産を開始しました。生産ラインの敷地面積は合計2,500㎡ですが、プロジェクト初期、工場建物面積が狭い原因で、レイアウトを数回調整しました。最終的に、プロセスを緊密に設置することで洗浄機能及び補佐機能完備のより合理的なレイアウトが完成されました。設備の日常点検やメンテナンスもより容易に完成できます。


生産ラインを設計する時、インドネシアのボトルが問題になりました。インドネシアのボトルは一般的に人工でラベルを剥離しますが、原材料調達の不安定性を考慮すると、ボトル処理段階にラベル剥離セクションも選択肢に入れることが必要です。自動制御システムの設計について、計重ベルトの運転速度のコントロールで、ボトルベールの投入速度のコントロールも実現できます。同時に材料の排出速度をリアルタイムで監視することで、生産ライン全体の生産効率が保障できます。生産ラインに金属分離装置を数台配置することで、金属は自動に排除され、多様な原材料を対応することができます。ボトルソーター、フレークソーターの配置で大サイズのフレークは二回破砕され、小サイズフレークは除塵システムによって回収され、生産ラインの生産能力とフレークの品質は確保されます。除塵システムを配置することで、生産ラインの高レベル自動化が実現され、現場の作業員に清潔で安全な職場を提供することが実現されます。


自動薬剤投入検知システム、薬剤リサイクル循環システムの応用で、ボトル洗浄セクション及び熱洗浄セクションで回収された薬剤水を精密に濾過し、薬剤水とフレークを完全に分離することで、水の循環リサイクルが実現されます。1トンのフレークを生産する当たりに、約1キロの水と100キロ/時間の蒸気が節約されます。


電気制御システムの設計では、BORETECH独自に開発したSCADAを採用し、PLCとコンピューターの組み合わせでリモート制御が実現されます。工場現場の生産状況は直接コンピューターで確認できます。コンピューターで設備を起動、停止することもできます。同時に設備メンテナンス警告、生産報告制作機能もあります。


更に、ケーブルドレーの設計、配管の設計、プラットフォームの設計も全部ヨーロッパ基準を参照し、国際化標準備品を配置することで、設備のメンテナンスはより簡単になります。

前のページに戻る

関連ソリューション