PETのリサイクル及び洗浄を世界のトップクラスに導く

食品級PETボトル回収洗浄ライン

背景

世界のPET資源はますます枯渇しているが、需要は年々増加しています。石油の過剰搾取は自然環境に取り返しのつかない損害を引き起こし、人間も自然に罰せられています。
PET資源の持続可能な開発を追求することは、世界的な資源再生活動の重要な部分です。資源の持続可能な開発の究極の目標は、資源を最大限に活用し、効果的にリサイクルして再利用し、無限のリサイクルを実現することです。現在、PETボトル(容器)のリサイクルを実現するための主流のプロセスは、依然として物理的なリサイクルによるものです。PETボトルは、最初にリサイクルされ、洗浄され、次に粉砕されてリサイクルされたPETフレークになります。この食品グレードのフレークの性能指標は、米国FDAによって認定されており、食品や飲料と直接接触する可能性があります。
食品グレードのPETボトルのリサイクルと洗浄プロセスは、PETボトルのリサイクルの持続可能な開発を実現するための重要な方法です。
※600mlのコーラボトルを例にとると、100本のコーラボトルを回収するごとに石油の使用量を1,620ml削減でき、二酸化炭素の排出量を6,340g削減できます。 (図参照)

製品特性

Boretechの特別な食品グレードのPETボトルリサイクルおよび洗浄ラインは、主に食品グレードのリサイクルPETチッププロジェクト(Bottle-to-Bottle)に使用されます。このプロジェクトでは、消費後のPETボトルをリサイクルおよび洗浄してリサイクルPETフレークにします。回収されたPETフレーク下流の食品包装原料処理の品質指標要件を満たし、ボトルブローやプラスチックボックスなど、食品に直接接触する包装目的で使用されます。

食品グレードのPETボトルの洗浄プロセスは、通常のPETリサイクルよりも複雑であり、機器の要件と最終製品の品質はより厳しくなります。同時に、所有者はより完全な工場管理レベルと高度な生産技術を持っている必要があります。Boretech食品グレードの洗浄ラインは高度な自動化を備えており、人為的ミスを最大限に回避します。超クリーンなボトル全体とボトルフレークのクリーニング、効率的な混合、オンライン検査システムにより、製造されたリサイクルPETボトルフレークが食品処理後の基準を満たしていることが保証されます(米国FDA認証に合格できます)。
同時に、Boretech食品グレードのPETボトルリサイクルおよびクリーニング生産ラインは、お客様が必要とする実際の生産原材料の違いや地域ごとの原材料の特性に応じて、機器およびラインプロセス全体を調整および最適化できます。最小のコスト投資、最小の範囲、および最先端のテクノロジーで、ダウンストリームの生産アプリケーションに対するさまざまな顧客のニーズを満たすことができます。PETボトルのリサイクルで20年以上の経験を持つ私たちは、お客様に1対1のオンライン生産ガイダンスとプロセスガイドラインを提供します。

BoretechのPETボトルリサイクルライン全体は、SCADAシステムとPLCコントローラーとのリンク制御を採用しています。大画面の人機交互システムは、ライン全体の各ユニットと機器のプロセスパラメーターを直感的かつ効果的にマスターできます。
同時に、ライン全体のすべての重要なプロセスパラメータをリアルタイムで収集および記録できます。リモート通信テクノロジーを組み合わせることで、Boretechとのゼロ距離通信を実現し、リアルタイムのガイダンスを提供します。Boretechは実用的な生産管理、データ分析、および機器のメンテナンスでお客様を支援できます。また、全ラインに全自動材料選別機と色選別機を搭載することで、人件費を大幅に削減し、生産効率を大幅に向上させ、高度自動化されたクリーンリサイクル生産ラインを実現しています。

PETボトルレンガは、食品グレードのPETボトル洗浄システムによって選別、洗浄、粉砕され、最終的に高品質のリサイクルPETボトルフレークが得られます。多くの有名なBoretechブランドの顧客は、再生PETフレークのFDA認定を取得し、下流の一流ブランドの飲料メーカーに製品を提供します。

Boretechは、さまざまな国での原材料の分析とテストを通じて、特定の国と地域でのPETボトル原材料のショートプロセスPETボトルリサイクルおよび洗浄システムの完全なセットを開発しています。システムユニットは複数の機能を統合し、機器の設置面積と人員を大幅に削減します。従業員数は、食品グレードおよび超微細デニールのPETリサイクル原材料のさまざまな指標の要件を満たすことができます。 2020年末に発売されます。

Boretechは、PETボトルツーボトル機器およびエンジニアリングサービスも提供しています。https://www.bo-re-tech.com/jp/solution/PET-Bottle-to-Bottle-Recycling-Plant.htmlを参照してください。

メリット

1.投入原料の多様化に対応。
2.自動開梱技術は、労力を削減し、高密度PETボトルレンガに対して強力な開梱能力を備え。
3.シュリンク ラベルを剥離特許技術。
4. PETボトルの清浄度を確保するための、特許取得済みの超クリーンなボトルワシャーとフレークの洗浄プロセス。
5.ボトルとフレークの自動選別を統合されたテクノロジー。
6.フレークのアルカリ洗浄により、不純物が食品級に使用可能な範囲まで減少。
7.完成品の品質の安定性を確保するための、フレークのオンライン自動サンプリング、オンライン検査機能完備。
8.丸ボトルの洗浄、フレークのアルカリ洗浄、リンス水システムのリサイクルシステム。
9.ライン全体の運用に関する生産管理ガイダンスで設備の故障率を削減。

処理量

1500-10000 kg/h

モデルの選択

3D描画

Food Grade PET Bottle Washing Line

食品グレードのPETボトルの洗浄標準プロセス

開梱 ➜ 金属分離 ➜ ラベル剥離 ➜ ボトルワシャー ➜ 自動選別 ➜ 手選別 ➜ 粉砕 ➜ 比重分離 ➜ アルカリ洗浄 ➜ 摩擦洗浄 ➜ リンス ➜ フラッシュ ➜ 脱水 ➜ 埃除去 ➜ 光学フレーク選別 ➜ フレークミクス ➜ オンライン品質検査 ➜ 梱包

rPETフレーク(食品級)の応用

成功例