ワンストップソリューション

PETボトルからPSF繊維までのトータルソリューション

背景

再生ポリエステルステープルファイバーは、競争力のある価格、安定した品質、環境への配慮により、徐々にファイバー市場を占めてきました。 環境と再生の概念は、生態学的環境を維持するために重要な役割を果たす石油の不足にプラスの影響を及ぼします。

BoReTechは1989年に台湾でPETボトルのリサイクル工場を立ち上げ、rPETフレークを使用してポリエステルステープルファイバーを製造しました。 2000年まで、BoReTechは4つの繊維生産プラントを所有し、年間総生産能力は20万トンでした。 BoReTechは、海外から輸入されたrPETフレークとして、さまざまな種類のリサイクルPSF繊維生産に長い間豊富な経験とプロセス技術を備えています。 廃ペットボトルから繊維へのワンストップソリューションは、ソースからのリサイクルPET原材料の品質と安定性を制御し、全体として、生産される繊維の品質を安定したレベルに保ちます。

製品特性

Boretechは、PETボトルからポリエステルステープルファイバーまで、ワン​​ストップ機器とエンジニアリングサービスを提供します。競争力のある市場価格と高品質のクラフトガイダンスと技術サービスで市場を勝ち取っています。

PETボトルから化学繊維プロジェクトまで、後部の化学繊維レイアウトには種類多くな製品を満たすために、不織ステープルファイバー、充填ステープルファイバー、綿ステープルファイバー、および着色シルクファイバーを製造するさまざまなプロセスを完備しています。

不織ステープルファイバーは、主にニードルパンチ不織ファブリック、スパンレース不織ファブリック、ホットローラーなどの工程に使用されます。自動車の内装、フィルター、靴の材料などに使用できます。人形、枕、ソファなどの三次元化学繊維を充填するために使用されます。綿型のステープル繊維は紡績に使用でき、衣類やアパレルの原料をしようするのは一般的です。カラーシルクは、生産でカラーマスターバッチを追加した後、他の3つの繊維と比較されます。豊富な色で、カーペットや壁画の用途に使用できます。

Boretechのボトルから化学繊維へのプロジェクトはメーカーでありながらユーザーでもあるのでほかのメーカーが比べられないノウハウををもっています。 様ざまなボトルソースからな統一フレーク品質を維持することを統一品質の繊維を生産することが可能になります。

メリット

1.投入するPETボトルレンガの多様な処理オプション。

2.PETリサイクル化学繊維工場での20年以上の製造経験と管理経験。

3.ボトルから化学繊維機器エンジニアリングまでのワンストップサービス。

4.DCS制御システムアプリケーションの独立した研究開発。

5.リサイクルPET化学繊維市場ネットワーク情報。

生産量

15-100 ㌧/日

種類

綿繊維、不織繊維、充填繊維、着色シルク繊維

3D描画

Waste PET Bottles to Polyester Staple Fiber

ペットボトルをポリエステルステープルファイバープロセス(綿繊維)に廃棄し、線を引くことでさまざまな繊維タイプにカスタマイズできます。洗浄プロセスについては、XXXXを参照してください。

給餌フレーク ➜ フレークサイロ ➜ 乾燥 ➜ 溶解 ➜ 押し出し ➜ 計量ポンプ ➜ 回転 ➜ 焼入れ ➜ 巻き取り ➜ 製図 ➜ ヒマワリ給餌 ➜ クリール ➜ トウガイド ➜ 第1ドロースタンド ➜ トウガイド ➜ 第1ドロースタンド ➜ 給油 ➜ トウスタッカー ➜ クリンパー ➜ リラクサー ➜ カッティング ➜ ベーリング

ポリエステル繊維応用

成功例